安全靴の規格「JSAA規格」

「JSAA規格」について

安全靴を買うならデザイン性はもちろん、安全性や耐久性が選択ポイントのひとつとなります。
すぐに劣化してしまうような靴ですと、作業に集中できずケガにもつながりかねません。

そこで注目していただきたいのがJSAA*規格のマークです。

*Japan Safety Appliances Association

 

安全のプロが認定

上記のマークは、JSAA規格を満たしていた安全作業靴にのみ付けられます。
このJSAA規格は「公益社団法人日本保安用品協会」が定めた安全性・耐久性の認定基準を満たしている製品で、スニーカータイプのものを「プロアクティブスニーカー(またはプロスニーカー)」、長靴タイプのものを「プロアクティブブーツ(またはプロブーツ)」として認定したものです。つまりこのマークの靴は、作業に伴う危険から足を守る、安全のプロがつくったプロ用の靴といえます。

なお規格の認定基準としては耐圧迫性能、耐衝撃性能、表底のはく離抵抗など細かく多岐にわたっています。
これらをすべて満たしたもののみが「JSAA規格認定」と表記できますので、通販サイトでお選びいただく際の安心のバロメーターになります。

 

JSAA規格のA種・B種

JSAA規格は「A種認定品」と「B種認定品」の2種類があります。
それぞれ耐衝撃性能や耐圧迫性能、表面はくり抵抗などの性能によって区分けされます。
A種はB種より安全性能が高いため一般作業用です。また軽作業用のB種は、A種よりフットワークが軽くて使いやすいため幅広く使われています。

A種
(一般作業用)
B種
(軽作業用)
耐衝撃性能
・衝撃エネルギー 70J 30J
・ストライカ質量 20±0.2kg A種と同じ
・落下高さ 36cm 15cm
・試験時の中底と先芯のすきま(mm)
23cm以下: 12.5以上 A種と同じ
23.5~24.5cm: 13.0以上 A種と同じ
25~25.5cm: 13.5以上 A種と同じ
26~27cm: 14.0以上 A種と同じ
27.5~28.5cm: 14.5以上 A種と同じ
29cm以上: 15.0以上 A種と同じ
耐圧迫性能 10±0.1kN 4.5±0.04kN
表底のはくり抵抗
・革靴 300N以上 250N以上
・合成皮革等 200N以上 150N以上
甲被の厚さ
・革靴 1.5mm以上 1.2mm以上
・人工皮革 1.2mm以上 1.2mm以上
・合成皮革 1.2mm以上 1.0mm以上
・編物 1.5mm以上 1.5mm以上
・プラスチック 1.0mm以上 1.0mm以上
・ゴム 1.5mm以上 1.2mm以上
・表底の厚さ 3.0mm以上 2.5mm以上

【参照:日本安全靴工業会・日本プロテクティブスニーカー協会】

 

 

 

ウィンジョブ【アシックス CP201】

 

85411

プロスニーカー 【ジーベック85411】

 

CP304

ウィンジョブ【アシックス CP304】

 

JSAA規格B種認定品

S7173

【Z-DRAGON】セーフティシューズ【自重堂S7173】

85141

セーフティースニーカー【ジーベック85141】